患者さんの数は増加の一途をたどっている

一昔前にはあまり聞くことのなかった心療内科という言葉やメンタルヘルスという言葉。

昨今の日本では、企業や学校などを問わず「精神的に病んでしまう」ケースが増加しているというのが一般的な見方といえるでしょう。

社会、経済、様々な原因は予想されますが、根本的な原因を追究することが難しく、今も患者さんの数は増加の一途をたどっていると言えるでしょう。


脚光を浴びつつある診療科目

さて、心療内科医は医療業界の中でも近年のこのような状況の中でちょっとした脚光を浴びつつある診療科目です。

心療内科では「身体と心の結びつきから症状を診断し、改善に向かわせる」ことを目的としています。

人の身体と心は密接な関係となっており、心が病むと体に症状が出てきます。

また、体に出た症状から心の状況を読み解くこともできるものです。


今後の医療において外せない

近年では多くの病気は「心の病」から派生しているという説も唱えられており、今後の医療において外せないのが「心」というファクターと言えます。

医師転職にあたり、心療内科医になるメリットや、様々な働き方、転職を有利に進める方法など、次以降の記事において色々とお話を進めていきたいと思います。

ぜひ最後までお読みいただければとおもいます。