現状の求職数について

心療内科医自体のニーズは確かに高まってきてはいるものの、本格的な求人情報の大きな増加は今のところあまり見られないというのが実情です。

しかし、今後のニーズの増加を見越し、これから心療内科医を目指すための活動をされる方も多いと思います。

また、転科を検討されている医師の方も多いと思います。


専門医の資格は取得しておきたい

そこで、今回は転職活動を有利に進める為の専門医取得について少しお話をさせていただきたいと思います。

心療内科医における専門医は日本心療内科学会が実施しているもので、6年以上の臨床経験や心療内科経験症例30例以上など、受験資格が厳しく規定されています。

2013年の時点では130名ほどの専門医が存在しています。

心療内科医における認定制度はまだまだ新しいものですが、もし職を検討されるのであれば、ぜひとも専門医の資格は取得しておきたいところです。

条件交渉の際には大きな武器の一つとなるでしょう。


今後は求人数が大きく増加する可能性がある

今後もニーズに関しては増加し続けていくことが予想されています。

今現在はそれほど多く出されていない求人も、今後は大きく増加する可能性があります。

そのため、もしこの心療科目への転科を検討されるのであれば、資格取得も含め、あらかじめ早めに活動を行うようにした方がよいのではないでしょうか。