「企業」内で働かれている心療内科医

心療内科医としての就業場所は主に病院やクリニックとなっているのは皆さんもご存知のとおりですが、「企業」内で働かれている方もいらっしゃいます。

求人としては非常に少数なので、なかなか目に留まらないかもしれませんね。

心療内科医という立場で企業自体に就職を行う、というのは正直なところ難しい部分もあります。

もちろん、可能性がまったくないわけではありませんので、時間をかけて求人情報を探していれば出会うこともできるのではないかと思います。


十分な知識や技術が必要になる

現在多いパターンとしては、企業お抱えの心療内科医として、定期的に訪問するような形態(アルバイト)の方が現実的といえるかもしれませんね。

産業医として中で働くというよりは、定期的に訪問し、社員の心理的な相談に乗り、アドバイスなどを行うようなものが今現在の主な働き方の一つといえるでしょう。

ちなみに産業医という立場で関わっていく場合には、健康に関するアドバイス、医療的な業務を行うことが多いようです。

メンタル面をケアする立場となりますので、十分な知識や技術が必要になることも意識しておいてください。


今後もニーズは増加していく傾向にある

実際、企業の中にはメンタル面をサポートしてくれる専門職の人材を求めているところも増えてはきています。

また、今後もそういった意味でのニーズは増加していくのは間違いないでしょう。

そう考えれば、心療内科医の重要性をより強く感じる機会が増えていくのかもしれません。

転職するにあたり、頭の中に入れておきたい情報の一つです。