心療内科医と臨床心理士の違いについて

心療内科医と臨床心理士の違いについて問われた時に、パッと答えられる方はどの程度いらっしゃるのでしょうか。

専門科目でなければ意外と知らない、という方も少なくありません。

心療内科医は内科医と名前がついているのでお分かりいただけると思いますが、医師免許を必要とするものです。

患者様を治療するのに投薬を行おうと思えば、臨床心理士では行うことはできません。


高いレベルの心理的なカウンセリングや心理検査

ただ、臨床心理士は心理学を専門的に勉強されているので、心理的なカウンセリングや心理検査などを高いレベルで行うことができます。

心のケアを行う手法が多少違う、と言えるかもしれませんね。

臨床心理士はあくまでも現状は民間の資格とされており、数ある中でも最も知名度の高いものになりますので、一般の方でもその名称をご存知の方は増えているようです。


薬物療法を行うことができるという利点

心療内科医には心理カウンセリングが出来ないことが多いものですが、変わりに薬物療法を行うことができるという利点があります。

私個人としては、双方共に違うメリットを持っているので、お互いに連携して地域医療などに貢献するという方法もあるのではないかと感じます。

いずれにせよ、これからの時代においては「心のケア」はより重要視されることになると思いますので、転職を検討されているのであれば、非常に魅力的な職種であると言えるでしょう。