高まる心療内科医の転職ニーズ

時代が進むとともにそのニーズが大きな高まりをみせている心療内科医という仕事。

他の心療科目等で今既に勤務をされている医師の方にとってはちょっとした魅力にうつることもあるのではないかと思います。

しかし、心療内科医を目指すにあたり、一体どのようなメリットがあるのかは事前に知っておいた方がいいのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では心療内科医になることで一体どのようなメリットがあるのか、その内容について少し触れてみたいと思います。


働き方のニーズについて

まず、一番最初に覚えておいていただきたいのが、基本的には「アルバイト(非常勤)」でのニーズが多いのが特徴です。

確かに全体的にニーズが増えてはきているものの、今の状況ではメインの仕事として稼ぐ為に選ぶのは難しいかもしれません。

逆に言えば、勤務時間に融通をつけやすいというメリットがあると捉えることもできます。

肉体的な負担を避けたい、と考えておられる方にとってはとてもいい職種となるかもしれませんね。

また、将来的に開業を視野に入れるとすれば、プライマリケアや緩和ケアといった分野からアプローチを行うのもいいかもしれません。


転職前に検討しておくこととは

他の診療科や医療関係者と連携を図っていくことで、全人的な医療を目指すことができるのではないでしょうか。

そういった部分も含め、どのようなキャリアを形成していきたいのか、そのために心療内科での経験を活かせるのか、活かせるとすればどのような方になるのかを転職前に検討しておくことも重要となるでしょう。

心療内科医としてキャリアを積みたい方は医師転職ドットコムなどの転職支援サイトで、どんな病院が募集を出しているのか求人情報を一度調べてみるのもオススメです。